【蚊連草】(カレンソウ)『蚊』を寄せ付けない!

出典:
www.google.co.jp

【蚊連草】(カレンソウ)

蚊を寄せ付けない、植物としてテレビで放送されていました。

現在、人気になっているハーブです。

嫌な蚊に、毎日悩まされる暑い夏がやってきます。

その前に、「蚊」に刺されないため「蚊連草」を

ぜひ植えてみたくて調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

蚊連草】(カレンソウ)蚊を寄せ付けない!

 

蚊を寄せ付けない、植物としてテレビで放送されていました。

「蚊」を寄せ付けない、植物でハーブになります。

 

【蚊連草】はゼラニウムの一種になりますが

ゼラニウムより強い虫除け効果があるそうです。

 

庭に出ると、何処ともなく蚊がよってきて刺されてしまいます。

「蚊」に刺されると、発疹やかゆみがでてなかなかかゆみが取れません。

この嫌な「蚊」を、安心して退治出来る【蚊連草】を植え付けしてみたい。

 

【蚊連草】は、シトロネラール(虫が嫌いな香のハーブ)とアフリカンゼラニウムの

異種交配で生まれた植物になります。

 

「蚊」は、人間や動物などが出す二酸化炭素や体温を

感知して寄ってきます。

 

シトロネラールは、「蚊」の二酸化炭素を感知するのを

鈍らせる効果があります。

その為「蚊」が寄り付かなくなります。

 

より効果を出す方法は、【蚊連草】の葉っぱを摘み取り

手の平の中で軽く叩くと、効果が倍増するそうです。

 

科名 : フウロソウ科

別名 : 蚊取草、ニオイゼラニウム、カレンソウ、センテッドゼラニウム

開花時期 : 4月~9月

植えつけ : 4月~5月 9月~10月

 

 【蚊連草】の育て方!

日の良く当たる場所に、植え付けしていきます。 

夏場は、直射日光には弱いので気をつけましょう。

 

 『水やり』

土の表面が、乾いたら水をタップリと与えていきます。

SponsoredLink

乾燥ぎみに育てた方が好ましいので、常に湿った状態は避けましょう。

 

 『肥料』

春から秋に2~3週間に一回程度化成肥料を与えていきます。

 

 『ふやし方』

【蚊連草】は、挿し木でふやすことが出来ます。

新芽の茎を5cmくらいの長さに切って、土に挿して

いきます。

沢山増やしていくことで、「蚊」除けの効果が増していきます。

ぜひ植えて増やして、嫌な「蚊」を遠ざけていきたい、、、

 

先日、園芸店で「蚊が嫌う花をさがしているのですが?」と

店員に尋ねているお客さんがいました。

すぐに「蚊連草」を探しているのだと分かりました。

 

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています