【カラー】花の育て方!動画【カラー】には

湿地性、畑地性の2種類の物があります。

性質、育て方はそれぞれ異なっていますが

園芸店で販売されている球根のほとんどは

乾燥地の畑地性のものになっています。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

【カラー】の植え方・育て方!

花の色も豊富で、春から夏にかけ開花していきます。

秋以降は、葉が枯れて休眠に入っていきます。

 

葉の形も様々で、三角形の矢じり形、細長いほこ形があります。

花の形も様々で、細長い物から広い漏斗状などがあります。

 

鉢植え、地植え、切り花として鑑賞することができ

母の日、父の日、お誕生日などギフトで贈ると、大変喜んでもらうことができる

人気のある花になります。

 

 【カラー】の「花言葉」

  • 華麗なる美
  • 乙女のしとやかさ
  • 清浄

「花言葉」もいいですね。

【カラー】の花にピッタリですネ。

 

畑地性の【カラー】は、暑さ寒さに多少弱いですが

少し湿気のある土壌を好みます。

 

3月頃、【カラー】の球根を植えつけてみました。

今庭の隅で、凛とした姿でピンクの花が咲いています。

 

キリットした花姿が、何とも言えない、、

~大好きな花の一つになります~

 

【カラー】花の育て方!動画

 

球根は上の方がデコボコしていて、どちらが上になるのか

全然分からない状態でしたが、デコボコしている方を

上にして植えつけしましたが・・・

間違ってなくて良かった。。

 

木陰の庭の隅に植え付けしているため、少し湿気があり

半日陰でもあります。

 

  『植えつけ』

日当たりの良い、風通しの良い場所に植え付けしていきます。

梅雨の時期は、軒下に入れることができる鉢植えが適している。

 

  『水やり』

土の表面が乾いてきたら、タップリ水やりしていきます。

水のやりすぎには注意してください。(球根が腐っていく)

 

  『肥料』

4~6月に固形肥料を月に1回与え、夏から冬は肥料は与えない。

 

 花が咲き終わったら、花茎を元から切り取っていきます。

葉から養分を球根に蓄えるので、花の後も葉は切らないで

自然に枯れるまで置いてください。

 

6月~7月に花が咲き、8月~10月は葉から養分を蓄えて

11月頃には、葉が枯れて休眠していきます。

宿根草なので、毎年このサイクルを繰り返していきます。

 

【カラー】は同じ場所で置いておくと、生育が悪くなりますので

4年に一回は掘り上げて、場所を移していきます。

 

鉢植えの場合は、掘り上げないで室内で管理していきます。

 

  • 園芸分類 : 草花、球根
  • 形態 : 多年草
  • 草丈 : 15~100cm
  • 植えつけ・植え替え : 4月~5月中旬
  • 肥料 : 5月~6月中旬
  • 開花時期 : 6月~7月
  • 花色 : 赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫
  • 耐寒性 : 普通
  • 耐暑性 : 強い
  • 特性・用途 : 落葉性

 

こちらから動画

ご覧ください

 

こちらもあわせて読みたい

 

【カラー】の花の色が、豊富になっているので

自分の好きな色を植えて楽しんでみて下さい。

SponsoredLink

 

 

 

 

鉢に植えると移動も簡単

花が咲いている時は

玄関先、リビングなど好きな場所に置くことができます。

 

 

 

こちらもよく読まれています