海藻【アカモク】の食べ方!栄養成分と効果・効能は?

出典:
www.google.co.jp

海藻【アカモク】

6月29日のTBS「あさチャン」で栄養満点の海藻が紹介されてい

ました。

福岡県で約10年前から、加工された海藻の「アカモク」が

作られています。

海に漂って船の航行の妨げになっていた「アカモク」

そんな海藻の「アカモク」に注目が注がれています。

 

 

スポンサードリンク

 

海藻【アカモク】が注目されている!

福岡県糸島市福吉の糸島漁協で水揚され

産地は、沖合の羽島になっているそうです。

 

4~5月に収穫される注目の食材になっています。

地元の漁協が商品化して販売され、今では新聞、テレビなどで

紹介され健康食品として、購入する方が増えているそうです。

 

  海藻【アカモク】の栄養・効能は!

食物繊維の量が、キャベツの約3倍になっています。

水溶性食物繊維が特に豊富になっています。

 

「アカモク」には、ネバネバ物質があり

ポリフェノール(悪玉コレステロールを抑制)

フコイダン(成人病、抗がん作用)、ビタミンk(骨粗しょう症に効果)など

健康にとってもいい成分が豊富になっているそうです。

 

「アカモク」は水溶性食物繊維(フコイダン)を多く含んでいる為

免疫力アップ、メタボ、老化防止、抗ウイルス効果

腸内環境を整える、腸の整腸作用もあるそうです。

 

納豆、めかぶ、もずくなどは良く食べますが

「アカモク」もネバネバ食品で栄養価の高い食品になるのですね。

 

一度食べたらやめられない、美味しくシャキシャキして歯ごたえのある

食材になっているそうです。

東北地方では、馴染み深い食材で昔から食べられていたそうです。

 

「あさチャン」では、ご飯の上に「アカモク」をのせポン酢で食べる

シンプルな料理も紹介されていました。

簡単で美味しそうなので今晩作ってみたくなりました。

 

「アカモク」のレシピがたくさん載っているサイトになっています。

参考にしてみてください。

 

先日スーパで、「アカモク」を買ってきて食べました。

ソーメンのトッピングにして食べてみました。

ソーメンに「アカモク」が、絡んで大変美味しかったです。

試して見て下さい。おススメです~

 

粘り気は、めかぶ、もずくよりすごくあるのに

シャキシャキ感がありとっても美味しい食材になっていました。

今晩は、ネバネバ丼で食べてみます。

 

「アカモク」は、ネット通販から購入可能になっています。

 

3月14日 NHK総合「あさイチ」で「夢の3シェフNEO スーパーフード・アカモク」が

SponsoredLink

放送されていました、その中で紹介されていたレシピになります。

  『アカモクと春菊のかき揚げ』

  1. 乾燥したアカモクの堅い芯を取り除き

春菊(葉っぱだけ使用)、たまねぎを薄切り

時間短縮の為入らない部分を取る。

 

サクサクに揚げる為、材料に小麦粉を絡めておく。

小麦粉2に対して、水を3でざっくり混ぜ合わせる。

フライパンに少なめの油で、温度は150℃

 

  1. の中に混ぜ合わせた小麦粉を入れて箸でつまみながらフライパンにいれていく。

一旦火を止め、具材を入れたら火をつけ強火にする。

アカモクに塩分が含まれているので、食べる時に塩で味を調整していく。

 

「乾燥アカモク」ネット通販で売られていました。

 

 

乾燥アカモクを、スーパーで探してみましたが

なかなか見つけることができませんでした。

乾燥している物は、便利でいつでも食べる事ができます。

 

 

こちらもよく読まれています