【鹿児島】『口永良部島』

29日午前10時前に、『口永良部島』の新岳で

爆発的噴火が発生しました。

全島に島外への非難指示を出す。

島民130人が住んでいる。

噴火警戒レベルを気象庁は、最大のレベル5に指定される。

厳重な警戒を呼び掛けている。

 

スポンサードリンク

 

【鹿児島】『口永良部島』で爆発的噴火が発生する!

29日午前9時59分に、『口永良部島』の新岳で

爆発的噴火が発生しました。

火山流は西の方に流れているそうです。

噴火警戒レベルを気象庁は、最大のレベル5に指定される。

厳重な警戒を呼び掛けている。

 

火砕流は、海岸にまで達しているそうです。

噴火は一時9000mまで達したそうです。

火砕流は時速115キロで流れて行く。

 

29日10時15分に『口永良部島』の、78世帯の130人全員に島外の避難指示をする。

標高291mにある番屋ケ峰の、避難場所におよそ100名の方が避難されている。

非難している人は、番屋ケ峰に備蓄していた、ペットボトルを皆で分け合っているそうです。

島の外に非難する為に一時的に非難しているそうです。

 

島民の皆さんが避難している番屋ケ峰は、灰とかは降っていないそうです。

SponsoredLink

 

種子島に碇泊しているフェリーが、屋久島に向かってその後『口永良部島』に向かっている

そうです。約1時間かかって向っているそうです。

150人まで乗船可能な為に島民全員を乗せる事が出来るそうです。

 

気象庁の観測によると、29日の午前9時59分頃に『口永良部島』のほぼ中央に

ある新岳で爆発的な噴火が発生する。

 

『口永良部島』は鹿児島県の尾久島の西北西およそ15キロにある

周囲の長さは50キロほどの島で、78世帯130人が住んでいます。

噴火がおさまっても、火山ガスが発生する可能性もあるそうです。

 

新岳では、昭和8年から9年にかけて断続的に噴火が発生して住民の方8人が

犠牲になる大きな被害が発生しています。

 

火山噴火予知連絡会は、今年の2月『口永良部島』では火山活動が活発な状態が

継続して火山ガスや地殻変動の観測から、今後活動がさらに高まりマグマ噴火に

至る可能性があることを示す変化もみられ、活動の推移を注意深く見守る必要があると

検討結果をまとめていました。

 

住民たちは皆無事に非難されたそうです。

良かったですね。

 

12キロ屋久島の避難所では、25人の方がいます。

親戚を頼って、鹿児島市や大阪などに行かれる住民の方もいるそうです。

 

 

 

こちらもよく読まれています