2015花粉症いつから

出典:http://www.irasutoya.com/

 

【花粉症】

花粉が、もっとも多く出てくる時期は、いつからでしょうか。

『花粉症』になると、どんな症状が出てくるのでしょうか!

 

『花粉症』の予防には、どんな事を、心がけたらいいのでしょうか?

このような疑問を、調べてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

『花粉症』の時期は、いつからでしょうか?

『花粉症』といえば、春のスギ花粉症や、秋のキク科の雑草がよく知られていますね。

『花粉症』にも、季節があります。

 

冬の終わりから、春にかけて毎年症状が出て多くの

『花粉症』の人を悩ませているそうです。

 

2016年は例年より早めにスギ花粉の飛散が始まる。

1月中旬から対策を始めたら、今年の花粉の症状を軽くできるそうです。

 

関東地方はスギ花粉が、1月下旬から出始めています。

ピーク前より、早めに薬を飲んでいた方がいいそうです。

 

特にピークになるのは、2月~4月となっていますので

花粉症の方は、この時期には気をつけ早めの対策をしてみてください。

 

次は、 「ヒノキ」です。4月前半からが、もっとも注意が必要になりますので

花粉対策を、万全にして備えましょう。

 

『花粉症』は、どんな症状が出るのでしょうか?

『花粉症』とは、特定の植物の花粉に対して、人間の体が

起こすアレルギー反応です。

 

植物の花が、鼻や目の粘膜に接触して

くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみ、涙目などの

一連の症状が特徴なのが『花粉症』です。

 

空気清浄機は、玄関に置いて花粉対策をする。

衣類に花粉が、一番付きやすいのはセーター

次にジャンパーで、静電気で花粉が付きやすくなるそうです。

 

スーツ、コートと花粉が一番つか無かったのがコートになっています。

 

 

人間の体には、外から侵入してくる異物を、排除して体を守ろうとする働きがあり

この免疫反応が、過剰に反応して花粉を、体外に出そうとして起きる症状です。

 

近所にも『花粉症』で、大変困っている人がいます。

「目がかゆくて、鼻水が止まらない」と、嘆いていました。

本当に辛そうでしたよ~

 

『花粉症』の、予防法は、あるのでしょうか?

鼻水、鼻づまりの人は

『花粉症』を予防する、マスクを着用して、鼻からの花粉の

侵入を防ぐ事を心がけてみください!

 

目のかゆみなどで、お困りの方はサングラス、めがね

をかけることで、多少は予防できると思います。

 

 花粉対策アイテムは、「クリスタルヴェール」 (花粉ブロック)が

SponsoredLink

薬局で購入できます。マスクが出来ない人には、打ってつけです。

 

鼻の外側 (周り)にゴマ粒大を塗るだけです。イオンの力で

花粉・ウイルスを塗るだけで、鼻腔内への侵入が減少するそうです。

 

外出する際には、帽子、メガネ、マスク、マフラーなどを

着用して、毛織物の上着などは、花粉が衣服に付きやすいために

避けた方がいいですね。

花粉症対策用のメガネがあります。

 

帰宅した際にも、玄関前でそっと服を脱いで、ドアを開けて

服だけを、外に出して花粉を払い落して、家の中に花粉を

持ち込まない事を実行します。

 

  • 衣服の花粉対策アイテム

衣服の花粉の付着を防ぐスプレータイプです。

繊維の奥まで浸透して、除菌、汗、臭いなども消臭

してくれます。 「花粉プロテクト」 金額は約400円位です。

 

又帰宅後すぐに、手洗い、うがい、洗顔を実行する。

お風呂に入って、花粉を洗い流すなども、効果的だと思いますよ。

 

『花粉症』の季節には、洗濯物を外に干さないで

乾燥機、部屋干しなどで、花粉が衣服につくのを

シャットダウン出来るので、この方法はおススメです?

 

『花粉症』には、十分な睡眠、栄養のある食べ物で、免疫力を

上げる生活習慣を維持するなど、またストレスをため込まない

など、バランスが乱れる事が原因になるので

免疫機能の保持することを、心がけていくのも重要だと思います。

 

乳酸菌と、乳酸菌発酵食品は、昔から健康維持の為に

最も必要だと考えられていました。乳酸菌の補助食品を

定期的に補給するなどして、アレルギー症状がひどくなるのを

少しでも、改善していきたいものです。

 

お酒の飲みすぎ、たばこを控えるなども、鼻の粘膜を正常に

保つためには、とっても必要ではないでしょうか。

 

『花粉症』には、「甜茶(てんちゃ)」が効くといわれています。

「甜茶(てんちゃ)」は中国の漢方として利用されているのです。

『花粉症』には、「甜茶(てんちゃ)」は、バラ科の甜葉懸鈎子が一番効果的だろうと言われて

います。

 

下に甘いと書いて「甜茶」と言われるように、本当に甘いお茶のようです。

    • 「甜茶(てんちゃ)」を飲むと、どの様な効果があるのでしょうか。

花粉症、鼻水、鼻づまり、ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎

症状改善の為に、一度試して観てはいかがでしょうか?

 

『花粉症』は、日常生活にもなにかと、支障をもたらすので

ぜひ参考にして、ひどくならないように、いろいろ工夫をして

日常生活を送ってみてください。

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています