【山手線】

12日午前6時10分頃に東京都の千代田区、JR山手線の神田駅と秋葉原駅の

間の支柱が倒壊する。

架線を支える柱が傾いているのを、運転手が見つけて電話をかける。

支柱は鋼鉄製で、約7Mの高さがあり、直径20cmです。

日曜の都心が大混乱する。

 

スポンサードリンク

 

【JR山手線】支柱倒壊!

12日午前6時10分頃に、東京都の千代田区

JR山手線の神田駅と秋葉原駅の間の線路内の支柱が倒壊する。

蒲田-東十条間で運転を見合わせている、京浜東北線で

JR東日本は、復旧作業で電気を一時止める為に

運転見合わせ区間を蒲田-大宮間に延長してそうです。

 

山手線など、9時間以上ストップする。

運転を見合わせていた、京浜東北線は12日午後3時頃、前線で運転を再開したそうです。

SponsoredLink

 

山手線内回りと外回りの線路間に設置されていた、架線を支える左側4本が倒壊する。

現在使われていなかったそうです。

 

2日前から、傾いていたのを確認している。

山手線は、今も一部使われていない。

原因は、現在調査中だそうです。

 

最大の原因は、なぜ突然に支柱が倒壊したのでしょうか?

可能性としては、老朽化だろうと思われているが

基礎の部分の施工事態に問題があったのか、原因究明にのりだしている。

 

今回の、架線の倒壊で怪我人は出ていません。

日曜日の都心を突然に襲った倒壊事件、平日だったらと思うとゾッとします。

 

こちらを

ご覧ください

 

こちらもよく読まれています