干しこる豆健康食材熊本

出典:
www.google.co.jp

 

【干しこる豆】

とは、いったいどんな物なのでしょうか。

熊本の郷土料理の一つだそうです。

むかしこの【干しこる豆】は、保存食で、ご飯にかけて食べたり

おやつに、ポリポリ食べたりしたそうです。

【干しこる豆】の正体を調べて見ました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

【干しこる豆】は、どんな豆でしょうか?

【干しこる豆】は、ナットウキナーゼが多く含まれていてt-pa(脳梗塞や、心筋梗塞

などの原因となる血栓をとかしてくれる製品)も増やしてくれる。

【干しこる豆】は、納豆を乾燥させてから、塩を振って粉(米粉)をまぶして出来た

至ってシンプルな食べ物です。

 

そのまま、おやつとして食べたり、 お茶漬けやお茶請け、お酒のおつまみとして食べるなど

簡単に食べる事ができます。

 

栄養満点で、美容にも植物繊維が豊富に含まれている為、効果があると昨今注目されて

入る食べものです。

コレステロールの数値も下げるなど、成人病にも効果がある優れものです。

 

これは、ぜひ食べて見たい食べ物ですね。

納豆が嫌いな人でも、気にすることなく食べる事ができるそうです。

【干しこる豆】をおつまみにして、ビールを飲んだら

さぞおいしいでしょうね。

 

お茶漬けでも、美味しそうですね。

子どもって、納豆好きな子少ないですよね。

おやつにして、食べる事ができるのもいいですね。

 

【干しこる豆】の由来は、加藤清正公!

加藤清正公が熊本城を、築城したことは有名です。

清正が、豊臣秀吉の命令で、朝鮮出兵したときに馬の背に乗せていた

 

馬の体温で発行して俵の中の煮豆が、糸を引いていたのですが

豆からは何とも言えない香ばしい匂いがするのです。

 

美味しそうな香りに惹きつけられて、食べたところなんとも香ばしくて

とっても美味しかったそうです。

SponsoredLink

その豆がこる豆と、呼ばれるようになったそうです。

 

【干しこる豆】の作り方は

大粒の良質な納豆に、甘味を引き出す塩を振る。

外で、天日干しする事数日間、そのあと米粉をまぶして出来上がりだそうです。

 

こちらから購入できます

 

 

こちらもあわせて読みたい

こちらもよく読まれています