北海道新幹線開業予定

出典:
www.google.co.jp

 

【北海道新幹線開業】

新青森・新函館北斗間が2016年3月までに開業する予定で

す。東京から乗り換えなしで北海道まで、一直線で行く事が可

能になります。

東京から北海道新函館北斗間までは、4時間10分で到着可能になるそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

【北海道新幹線開業】が春に開業予定!

青森県青森市から北海道札幌市までを結ぶ高速鉄道路線です。

新青森駅で、東北新幹線と接続して直通運転を行う予定になっています。

 

営業最高速度は、時速320キロで青函トンネル内は、同140キロで走行する。

車体の色は、東北新幹線と同じ緑や白を基調として、差し色に北海道で有名な

ラベンダ色の紫を使って北海道らしさを、アピールしていくそうです。

 

島田修社長は、記者会見で飛行機との競合に触れ「北関東や西関東など羽田空港

SponsoredLink

よりも(新幹線の駅まで)簡単にアクセス出来る地域では重要なターゲットになる」と

説明した。

修学旅行生など、観光客誘致も急ぐ方針だそうです。

 

車体の形などは、JR東日本が運行している東北新幹線「はやぶさ」などのE5系と

まったく同じになっています。

1編成10両で、8両が普通車両そして1両がグリーン車、ゆったりした「グランクラス」が

1両あるそうです。

 

今秋に車両が納入後に豪雪地帯向けの安全走行試験を行うそうです。

JR東日本と新幹線の運行などで、重なる区間では乗り入れを行なうそうです。

ダイヤについては、JR東日本と調整が必要になってくるので、決定は開業の直前になる見込み

になるそうです。

 

JR東日本などが12月18日に、来年3月26日開業の運行ダイヤで、東京から新函館北斗を結ぶ

「はやぶさ」は全便、宇都宮駅を通過する事が決定されたことを発表された。

 

JRや国土交通省など関係者に停車を求めていた地元の首長は「本当に残念」と

肩を落としているそうです。

 

 

1月28日、報道関係者に向けて試乗会が設けられた。

新型車両「H5系」始発駅新函館北斗駅から木古内駅の35.5キロを往復している。

床は雪の結晶が模様になって、とっても可愛い柄になっている。

 

 

こちらもよく読まれています