【広島空港】

4月14日午後8時5分頃に広島空港で、「韓国・ソウル発広島行」の

韓国機・アシアナ航空機162便(乗客、乗員あわせて82人)が

広島空港(広島県・三原市)に着陸するさい、滑走路から

大きくそれて、機体が損傷した。

空港事故に認定されると発表があった。

 

スポンサードリンク

 

【広島空港】アシアナ機が着陸に失敗!

韓国・仁川(インチョン)空港を出発した、162便東に向かって、島根県上空で

高度を下げ始める。

 

滑走路の東端から325メートルある、着陸誘導用の無線設備のアンテナに

接触した可能性がある。

広島県、三原市の消防局本部によると、男性10人、女性12人の

合計22人の人が負傷するが、いずれも軽傷のようで安心しました。

 

乗客の中には、幼児1人を含む74人で、乗務員が8人で大半が日本人です。

全員が脱出用のシューターで機外に出る。非難した人の全員が徒歩で

ターミナルに避難したそうです。

乗客の方は、強い衝撃で、「死ぬのでは」と死を覚悟するほどだった

事を語っていました。

 

国土交通省によると、同便はエアバスA320型

滑走路東側から西向きに進入して、滑走路中央付近で南側に外れる。

SponsoredLink

その為、草地で止まった。

 

左側の主翼が後ろに曲がってエンジンカバーが外れる。

機体後部の垂直尾翼の下には、穴が開いていたそうです。

損傷した無線設備は、幅40メートル、高さ6.4メートルです。

 

着陸時には、通常より高度を下げていた可能性がある。

もう少し高度を下げていたら、かなりの衝撃になっていた。

 

広島気象台によると、当時は視界は6kmあって、航空機に支障を

きたす程の天候ではなかったと、発表している。

 

事故発生から20時間以上たった、今も広島空港は、全て欠航されています。

事故調査官3人も検証に乗り出している。

怪我人も27人に変更になっています。

 

原因は、滑降気流の為、機体が急降下した可能性が高い事が分かったそうです。

16日現在も、60便すべての欠航が決定しています。5000人から6000人の

人が使っている広島空港です。

再開のめどはたっていません。

 

一つ間違えれば大参事になっていたのに、このような結果でまずは

安心しましたが、今後の検証をしっかりして、同じ事故を繰り返す事がないように

万全を期してもらいたいです。

 

こちらもよく読まれています