ハチ公の影感激する人続出

出典:
www.google.co.jp

 

忠犬 【ハチ公】

東京大学に今春設置された【ハチ公】の像の影が

リアルすぎて「ほっこりする」「泣ける」と人気急上昇中です。

【ハチ公】と飼い主の上野英三郎のブロンズ像

【ハチ公】の像の高さは、1.9メートル【ハチ公】の死後80年の

3月8日に東大農学部の(東京都文京区)の敷地内に設立されました。

【ハチ公】やっと会えたね!

 

 

 

スポンサードリンク

 

東大の【ハチ公】がリアル過ぎて泣ける!

【ハチ公】の像の高さは、1.9メートル【ハチ公】の死後80年、上野博士の死後90年!

3月8日に東大農学部の(東京都文京区)の敷地内に設立されました。

 

飼い主の急死後【ハチ公】は約10年間、東京渋谷駅に通って飼い主を

待ち続けた事は有名です。

飼い主は、上野博士(旧東京帝大教授)博士は1925年に急死されています。

SponsoredLink

渋谷駅前の【ハチ公】は座った姿で、いつまでも飼い主を待っています。

 

再び上野博士と、一緒にさせてあげようと思い、東大の教員の方々が

像作りを計画されて、1千万円の寄付を集められたそうです。

 

夜には、ライトアップされて、その影がリアル過ぎると話題になっています。

背後の建物には、【ハチ公】と上野博士の像の影が、ハッキリ写しだされています。

 

まるで生きている【ハチ公】が嬉しそうに、上野博士に飛びついている姿に

「泣けてくる」「ほっこりする」「リアル過ぎる」「感動する」など絶賛の嵐です。

嬉しそうに飼い主を見上げている【ハチ公】を見ているだけで、感激です。

 

外国の方にも、大変人気になっていて「涙がでる」と感激されているそうです。

【ハチ公】の影を見ていると、本当に嬉しそうに飼い主に飛びついて

じゃれているようです。マジにリアル過ぎますね。

 

【ハチ公】長い年月待って、やっと会えたのですね。

嬉しそうにしている姿に、感激しました。本当に良かったですね。

この像を作る事にした、東大の教員の方達、あっぱれです。

こちらもよく読まれています