春の花【オダマキ】育て方!植え方・増やし方は?

出典:
www.google.co.jp

 【オダマキ】

宿根草で、一度植えると、毎年可愛い花を咲かせます。

2月~3月に植えると、春から夏まで咲き

冬に葉っぱが枯れ根だけになって冬を越します。

夏の暑さ、直射日光に弱いため夏には風通しのよい

半日陰になるように、庭植えの場合は植える場所を考えて植え付けし

ます。

 

スポンサードリンク

 

【オダマキ】の育て方!

丈夫な多年草で、ガーデニングに最も多い品種は「西洋オダマキ」

【オダマキ】は、花の色も豊富にあります。

 

色とりどりの花で、春の庭は楽しみがいっぱいです。

 

  「植えつけ場所・時期」

日当たりの良い場所が適していますが、夏の直射日光は

葉が焼けたり、気温が高くなると枯れることがあります。

 

鉢植え、地植えで育てていきます。

植えつけは、2月~3月、9月~10月

 

【オダマキ】は、1本の太い垂直の根をもつ植物で

根を傷つけると、枯れるので注意が必要になります。

 

根に付いて入る土は、崩さないでそのままの状態で植えつけていきます。

 

 「水やり・肥料」

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらタップリ水を与えていきます。

地植えの場合はほとんど必要ありません。

 

植えつけ、植え替えの場合にリン酸とカリウムの多い緩効性の化成肥料を

土に混ぜて与えます。

 

 [増やし方」

多年草になっていますが、3年〜4年くらいで元気がなくなります。

株分けする方法は、冬を越して芽が出始める3月頃が適していますが

老化した株は、株分けには適していません。

 

タネは花の後に出来た果実から採取してもいいです。

果実が黄色くなり、先端が開く前の時期におこなっていきます。

SponsoredLink

この種は、5月~6月頃にタネを撒いていきます。

小さな苗は、夏の暑さに注意が必要になります。

 

  • 園芸分類 : 草花
  • 原産地 : 北米大陸、ユーラシア
  • 草丈 : 30~50cm
  • 開花時期 : 5月~6月
  • 花色 : 白、ピンク、赤、オレンジ、青、紫、黄、茶、黒
  • 耐寒性 : 強い
  • 耐暑性 : 普通

 

 

 

こちらもよく読まれています