【春の嵐】

2015年40月14日には、全国的に天気が下り坂になり

【春の嵐】になる予定です。

大気が不安定になって、14日から15日にかけて天気の急変

落雷や、突風に注意が必要になっている。

 

スポンサードリンク

 

【春の嵐】で天気が急変する!

4月14日から15日にかけて、突風、落雷に注意が必要になってくる。

西から東日本にかけて、大気の状態が非常に不安定になってくるので

ひょうにも、十分に注意が必要になる。

 

落雷や、突風に注意する

雷に遭遇したら

場所、所など選ばずに落ちる事があります。

近くに高い建物などがある場合は、これを通って落ちる可能性があります。

 

グランドや、ゴルフ場、屋外プールなど堤防、砂浜、海上など

開けた場所や山頂や屋根など高い場所では、人に落ちることがあるので

速やかに安全な空間に避難する事が大切です。

 

天気が悪くなる前に、極力出かけるのを控えるなど、心がけて危ない所には

SponsoredLink

近づかない用に徹底していきましょう。

 

雨、風が強くなる前に、家の周辺の鉢や、物干しざおなど風によって

飛ぶ可能性の物は、前もって片づけておきましょう。

 

鉄筋コンクリートなどの建物、バス、自家用車、列車などは比較的に安全な空間にはなります。

木造建ての建物も比較的安全ですが、全ての電気器具、天井、壁などから一メートル以上は

離れておきましょう。

 

4月14日の夕方に、長崎市で直径約8ミリ、鹿児島市で直径5ミリのひょうが降ったそうです。

長崎市では、2012年11月以来、鹿児島市では、08年3月以来の観測になった。

 

4月15日未明に、広島県でも雷がすごかったです。

今まで聞いた事のないスゴイ雷で怖かったです。

ゴーゴー、ドーン何とも言えない大きな音の雷でした。

 

今夜いっぱい注意が必要になる。

 

4月15日に栃木県那須塩原各地でひょうが降る。

九州でも寒気で雪が降る。

 

 

 

 

こちらもよく読まれています