ブロッコリーが免疫力抜群注目

出典:
www.google.co.jp

 

【葉物野菜】『ブロッコリー』

植え付けることで、野菜高騰と楽しみとかねて植えてみました。

毎日野菜を簡単に摂取したくて手軽に食べることができる

ブロッコリー、水菜、サニーレタス、ネギ、パセリ、

サラダ菜などを植えてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【葉物野菜】を植え付けました!

今回は、葉物野菜に挑戦することにしました。

狭い庭なので沢山は植えることができませんが

 

ブロッコリー、水菜、サニーレタス、ネギ、パセリ

サラダ菜などを植えてみました。

 

まだまだ暑いので、朝夕の水やりが欠かせません。

植えつけ後2週間ぐらいで、化成肥料を与えていきます。

 

この夏にはトマト、きゅうり、ミニトマト、オクラを植え付けました。

キュウリは暑さの為不作で5本位しか収穫できませんでした。

ミニトマトは成功!

 

10月上旬頃まで食べることができました。

ミニトマトは、とっても簡単です。

この夏は、ミニトマトを買う事もほとんどなく良かったです。

 

オクラは、簡単に育てることができ今でも育っています。

少しぐらい大きく育っても全然固くなく美味しく食べることができます。

 

オクラはいろいろな料理に利用することができる万能の野菜になります。

チャーハンに入れても粘りが出て美味しいです、オクラを軽く湯がき塩こぶと混ぜて食べる。

 

オクラを少し湯がいて、ミキサーで形がなくなるまでつぶし

麺つゆを入れ混ぜ、ソバ、うどんにかけて食べても大変おいしいです。

SponsoredLink

 

葉物野菜は、あまり植えたことがないので大きく育つことができるか

少し心配です。

9月の下旬に植えた葉物野菜は今こんな状態です。

大きくなることができるか心配です。

 

近所にも葉物野菜を植え付けているおじさんがたくさんいます。

皆上手に大きく育てています。

 

 【葉物野菜】の育て方!

 「ブロッコリー」

寒さに強く、秋から春先にかけて収穫できる野菜です。

【葉物野菜】ブロッコリー!育て方は?

モンシロチョウなど幼虫が付きやすいので、こまめに見つけて

退治していきましょう。

 

秋から春先にかけて新鮮なブロッコリーが収穫できます。

 

 

 

こちらを 

ご覧ください

 

根は、湿害に弱いので秋の多雨の被害の、発生を防ぐために畝を高くして

株元を雨水に浸からないように注意が必要になります。

 

茎が太くて高く伸びるので、風当たりが強い場所では支柱を立て

倒れないように注意しましょう。

 

収穫の時期は、小さなつぼみがたくさんついて、つぼみ全体が

堅くしまった状態になったときです。

 

【葉物野菜】ブロッコリー!育て方は?

残る脇芽を多くするため頂花蕾茎は短く切り取っていきます。

1月中旬、こんなに大きくなっていました。

もう少しで食べることができます~ 楽しみです、、、

 

こちらもよく読まれています