【五十肩】の辛い痛み!改善する方法?

出典:
http://www.irasutoya.com/

 

  【五十肩】

今、痛みがピークになっています。

段々痛みがひどくなって、今日は年明け最初の診察日になっていたので

整形外科を早々に受診しました。

今まで自分なりに判断して放置しておいたのを後悔しています。

まさか自分が【五十肩】になっているなんて・・・

 

 

スポンサードリンク

 

【五十肩】の辛い痛み!

痛みの始まりは、3年前にさか登ります。

テレビで見た切り絵にはまり、夢中で何時間も切り絵をしていると

急に肩甲骨のあたりに、鈍い痛みが走り横になることもできない最悪な状態が

2~3日つづきました。

 

自分では、筋を痛めたのかなと思ったりして、日にちが立てば治ると放置してしまいました。

その間も我慢できない痛みではなかったのですが、多少の痛みはありました。

 

痛みが少し落ち着いたので、そのまま病院に行かなかったのです。

そのことが原因なのかどうかは、定かではありませんが最近腰に手を当てる

背中に手を回すことができない、強い痛みが腕にあるのです。

 

このまま放置していると、いつまでもこの苦痛から脱却できないと

意を決して病院に行くことにしました。

 

おそらくレントゲンを、撮ることになると考え金具のない下着をつけて

病院に出向きました。

 

手術とかあるのかな?大変な状態になっているんじゃないか?

いろいろ考え込んでしまい足が重かったですが、いざ病院に行くと肝が据わるものですね。

 

問診が終わると、早速レントゲン撮影に入り首、肩、横の肩と合計6~7枚位

レントゲン撮影されました。

 

先生の診察で【五十肩】だと言われました。

痛みがある場合は、あまり無理をしない様に動かすことを勧められました。

無理をすると炎症をおこしかねない、でも動かさないと固まってしまう。

 

運動、腕をとにかく使っていくことを心がけて動かしていく

日々を過ごした方がいいそうです。

 

電気治療、電気を患部に当てる、器具で腕をまわす。

SponsoredLink

湿布が投与されました。

 

一日だけの治療ですが、なんだか前より多少改善されたような気がしました。

もっとはやく病院を受診していたら、辛い思いを早くしなくて済んだことを後悔しています。

 

「腕が上がらない」「肩が痛い」など【五十肩】になると

服を脱いだり着たりする動作が、痛みを伴ってなかなか思うようにできなくなります。

寒い時、曇の日などは特に痛みがひどくなってとっても辛い日になります。

 

  1. 夜中、朝方に肩や腕が痛くて目が覚め眠れない。
  2. 痛い方の肩や腕を下にすると痛くて眠れない。
  3. 腕を横、後ろに伸ばすことができない。
  4. 二の腕や肘のあたりまで痛みがある。
  5. 手のむくみで握りこぶしができない。
  6. 肩が常に重く感じ、首や耳の後ろまで重く感じる。

こんな症状が出る、患者が多くいるそうです。

私も5.6を除いてすべてあてはまっています。

 

背中に手を回すこともできないために、ブラジャーの装着もできなくなります

その為に、金具のないスポーツブラをつけていました。

 

日常生活に多大な支障をきたし、大変不便な生活を強いられてしまいます。

診察2日目、電気治療、肩回し、血液検査の結果などでした。

先生からは切り絵の許可もでました。

 

運動は、背中を前に傾け、後ろにある肩甲骨を引っ付けるようにすることを

繰り返しておこなっていきますが、この運動も自身の診察結果なので

必ず病院で受診されてから、おのおのの症状にあった医者の指示に従ってください。

 

駆け込みドクターで放送されていました

肩甲骨ストレッチを紹介していきます!

  • 手の指先を前方に合掌して、脇はタオルが入るくらいでひっつけて

合掌している手を外側に息を吐きながら広げ、中央に戻すときには

息を吸う

一回に10回繰り返すことを朝昼晩おこなっていく。

 

痛みがある場合は無理をしないでやってみて下さい。

肩甲骨の凝りをほぐすそうです。

  • 両肩を前、後ろに回す。一回に10回

この運動を繰り返していたら後ろに回らなかった腕が

数週かんで回せるようになり、痛んで寝ることができなかったのに

今は夜中に痛んで困ることが無くなっています。

 

こちらもよく読まれています