【冬バテ】になるとどんな症状になるのでしょうか!対策法ある?

出典:
http://www.irasutoya.com/


【冬バテ】

夏バテはよく耳にしますが、冬バテはあまり聞くことがありません。

知らなかったです・・・

寒波が到来し、寒い日が続くこの時期に

疲れが取れない、寒くて動くこともままならない日々を過ごしている

人いませんか?

 

 

 

スポンサードリンク

 

【冬バテ】はどんな症状?

寒さの為に、部屋の暖房の温度を上げ過ぎていませんか。

自律神経のバランスが崩れて、【冬バテ】になってしまうそうです。

 

自律神経のバランスが崩れると、頭痛、倦怠感、イライラなどを引き起こし

体調が崩れることがあります。

 

【冬バテ】がになるのは、寒さの為で夏バテと同じように自律神経が

大きく関係していますが、 夏バテは自律神経自体が失調して起きるのですが

冬バテの原因は 自律神経のバランスが崩れておきる違いがあります。

 

冬は夏と同じように、部屋と外の温度差によって自律神経の 働きが低下しやすくなっている。

 

【冬バテ】がおきると、疲れが取れない、疲労感がいつまでも続き

身体が重くてやる気が起きない、イライラするなど夏バテの症状にもにています。

 

寒さで身体を動かすことが少なくなって、運動不足になりがちで血行不良に陥ってしまいます。

血行不良が身体の冷えに繋がって、手足がむくんだり肩こり、頭痛などがおきてしまいます。

 

身体の体温が低くなると、免疫力の低下につながりその為に

風邪をひくと治りにくくなり、インフルエンザ、ノロウィルス

など感染しやすくなってしまいます。

SponsoredLink

 

 【冬バテ】の原因は!

身体の冷えから血管が収縮し、血の巡りが悪くなるのが原因となっているそうです。

冬は日照時間が短くなり、日の光を浴びる時間が少なくなってしまい

気持ちも沈みがちになってしまいます。

 

寒いとどうしても身体を動かすことが億劫になり、運動不足になり筋力

衰える大きな原因になり、疲れやすくなっていきます。

体内で熱を十分に作れなくて【冬バテ】におちいってしまいます。

 

暖房のききすぎた部屋も、身体に悪いそうです。

部屋の温度と、外気の温度差がありすぎ人間が本来もっている

体温調整が衰え、自分で体温調整がきかなくなって【冬バテ】の症状になってしまいます。

適度な温度調整が求められますね。

 

夏の暑さ、冬の寒さどちらも好きではないですが

人間の身体にとって、ほどほどといった環境が良いのは間違いないでしょう。

 

寒いからと、こたつに入りっぱなしの生活から脱却して

朝は充分に朝日を浴び、体を温める(38°から40°)お湯にゆっくりつかる。

 

室内でゆっくり運動、三食きちんと食べるなどを心がけて【冬バテ】

しない様に気をつけましょう。

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています