【毒キノコ】で食中毒!種類は?

出典:
www.google.co.jp

 

【毒キノコ】

9月28日に札幌市内の公園内で採取した

キノコを食べた、60代の男性が幻覚などの中毒症状を起こ

して入院したことが明らかになっています。

現在、男性は回復して退院している。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【毒キノコ】を食べ食中毒に!

9月28日に札幌市内の公園内で採取した

キノコを食べた、60代の男性が幻覚などの中毒症状を起こして

病院に搬送されました。

 

市保険所によると、テングタケと呼ばれている毒キノコと断定されています。

食用と、判断できないキノコは決して食べないように呼びかけている。

 

このキノコは、公園で見つけ男性はシメジだと勘違いされ

採取して、自宅に持ち帰った後にキノコをバター炒めで食べたそうです。

 

その後容態が急変して救急搬送されました。

SponsoredLink

男性は、現在回復され自宅に帰られています。

 

毒キノコは、一般に色が鮮やかな赤、黄色などの警告色

また白などの特別な色をしていると考えられる人がいるのではないでしょうか。

 

普通に食されているキノコと、外見だけでは見分けられないキノコも

多数存在しています。

 

食用と断定できない場合は、決して食べないように十分に配慮するように

呼びかけている。

 

秋に沢山のキノコが群生してくるので

キノコ大好きな人は、キノコ採りに山に出かける人も

多数いるほどです。

 

食用と判断できないキノコは、決して採らない、食べない

売らない、人にあげないを徹底してください。

 

先日テレビで放送されていました、赤いキノコおそらく(カエンタケ)は

触っただけで皮膚がただれ、口にすると命にもかかわる場合もあるので厳重に

注意してくださいと呼びかけられていました。

 

この秋に、もっともキノコの種類も豊富になってきますが

くれぐれも、毒キノコには注意してください。

よくわからない場合は、採らない、近寄らないでください。

 

毒キノコは、種類も豊富にあるので

充分に気をつけて下さい。

こちらもよく読まれています