牡丹(ボタン)】育て方!花後の剪定方法と肥料?  《牡丹》

 

地植えにすれば、手入れもほとんどすることがなく

こんなに可愛い花を咲かせてくれます。

古株になっているので、少し花が小ぶりになって10輪位咲きました。

大きく咲いていたころは、直径約20cm位になって20輪近く咲いていた

のですが・・・

一輪が大きく大変見応えのある花です。

この時期に園芸店で、沢山見かける事ができます。

 

スポンサードリンク

 

【牡丹(ボタン)】育て方!

 苗の購入時の注意点!

苗の購入時に気を付けることは、つぼみの物ではなく

少し花が開いて色がハッキリ分かるものを購入することで

自分の欲しい色の【牡丹(ボタン)】を買い求めることができ失敗がありません。

 

牡丹の花は多くの品種があり花の色も、赤、白、ピンク、紫、黄などが有ります。

花弁は、一重から八重、千重、万重、万重獅子(まんえじし)と呼ばれているものがあります。

 

  • 開花時期 : 4月中旬~5月中旬
  • 植えつけ・植え替え : 9月下旬~10月
  • 肥料 : 5月~6月上旬
  • 剪定 ; 9月下旬~10月中旬

 

 「植えつけ」

西日を避け、日当たりと風通しの良い場所に植えます。

わが家は、南むきの風通しのよい場所にピンクの「牡丹」を植えています。

 

深さ30cm~50cm位の穴を掘って植えつけましょう。

穴の底に油かす、骨粉、完熟たい肥、ボカシ肥など、こぶし大いれます。

 

接ぎ木の苗は、接ぎ木の部分が埋まるくらい植えていきます。

 

牡丹は植え替えをする必要はありません。

植えつけ後、株が弱っていたら場所が適していない為、10月頃に植え替えして下さい。

 

 「鉢植え」

生育が悪くなってきたら、3~5年で10月頃に植え替えします。

根の下の土を落とし、変色している根を1/3~2/3ほど切り取って

新しい土に植え替えていきます。

 

 「剪定方法・時期」

花が咲き終わったら、花茎ごと切り落としていきます。

花が終わってタネがつくと、株が弱ってしまいます。

 

花と下の葉の間を剪定していきます。

台木の芍薬から、ひこばえ(下から真っ直ぐ伸びてくる木)は付け根の部分から取り除きます。

 

6月下旬ごろから、わき芽が出始めるので取り除いて行きます。

そのままにして置くと、牡丹の背丈が高くなり見栄えが悪くなり手入れも

大変になって来ます。

又、支柱をしたまま放置していると、背丈が高くなりやすくなるので気をつけます。

 

9月頃になると、葉が黄色くなって細かい枝の剪定をします。

翌年に花をつける新芽、葉の芽は残して発芽しない枝を切り取ってください。

 

全ての葉と、変色している葉で下向きの枝を切り取ります。

形が悪くても、自然に生えている新しい枝は残したままにします。

 

肥料は、9月初めに高度化成肥料を根元に与えていきます。

 

花後には、お礼肥をあげて樹に勢いをつけます。

SponsoredLink

背丈を低くしたい場合は、花後にわき芽の上で剪定し低くしていきます。

 

その場合、翌年には開花しない可能性があります。

一気に切っていかないで、数年かけて低くしていってください。

 

 

ピンク、白、赤の3種類の牡丹を植えています。

ピンクは何十年も咲いてくれていますが、白の牡丹は今年初めて5輪咲いています。

木が大きくなってくると、沢山花を付けてくれます。

【牡丹(ボタン)】育て方!花後の剪定の方法と肥料?

真っ白の牡丹を買ったのですが、少しピンクが入ったように感じませんか??

【牡丹(ボタン)】育て方!花後の剪定方法と肥料?

色が変わったように感じるので調べてみました。

 

地植えの場合は細かい枝を切ることで養分の吸収が

違ってくると色が変わることがあるそうです。

 

真っ赤の牡丹も2~3輪花が咲いていたのですが、今年は切り戻しすぎた為なのか

花芽を切ってしまった為か?花が咲きませんでした↘  ザンネン・・・

 

今年は赤いボタンが5輪咲いてくれました。

白いボタンはまだつぼみです。

牡丹(ボタン)】育て方!花後の剪定方法と肥料?

 

こちらもあわせて読みたい

春の花【ガーデニング】育てやすい花!

 

こちらもよく読まれています