【アズーロコンパクト】の育て方!小さな花がフワッとこんもり咲く?【アズーロコンパクト】

人気のある花で注目されています。

ロベリアの改良種で、花の色は6種類ほどあり

秋まで咲き続けます。

左側にはアルペンブルーを植えています。

まだこんもりと咲いていないので、沢山茂りボリュームを

出す方法を調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

【アズーロコンパクト】の育て方!

ロベリアの改良種で、ロベリアより夏越えしやすく

春から秋まで、長い間花を咲かせる多年草になります。

 

大人気のふんわりとボリューム感タップリある花で

花言葉は、『いつも愛らしい』です。

 

壁掛け用の鉢に植え付けていますが

庭植えにしても大丈夫です。

 

多湿により蒸れて、枯れることがありますから

梅雨の前にバッサリと刈り込んでいきます。

夏を越すと秋まで花を咲かせることが出来ます。

 

3月に苗を買って植え付けたのですが、横に広がり

ボリュームがないため思いきって切り戻しをしてみました。

こんな感じになりました。。。

【アズーロコンパクト】の育て方!小さな花がフワッとこんもり咲く?

 

  •  『水やり』

土の表面が乾いたら、タップリと与えていきます。

良く茂っていく為、水切れに注意してください。

 

夏の水やりは、温度の上昇、水の蒸発などで

最低でも、一日に朝、夕方の二回水を与え水切れをふせぎます。

水を与えないと、すぐにグッタリしてきます。

 

  •  『肥料』

アズーロコンパクトは、良く花が咲くため

培養土に含まれる、成分だけでは肥料がたりません。

 

一週間に一回程度、液肥を与えていきます。

肥料が少ないと花付が悪くなってきます。

 

真夏は暑さと、多湿の為肥料は与えないでください。

 

  •  『置き場所』

冬場に霜にあてると枯れていきます。

日の良く当たる場所に移動していきます。

 

真夏は、直射日光と多湿に気をつけ

半日陰に置いて下さい。

SponsoredLink

 

  • 科名 : キキョウ科
  • 属名 : ロベリア属
  • 開花時期 : 4月~10月
  • 植えつけ・植え替え : 3月~5月
  • 肥料 : 3月~7月  9月~10月
  • 花色 : 青、青紫、白、濃いピンク、濃いブルー、ピンク、薄紫

 

この春に植えた苗です。

【アズーロコンパクト】の育て方!小さな花がフワッとこんもり咲く?

 

こちらから動画

ご覧ください

 

「アズーロコンパクト」購入できます。

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

 

こちらもよく読まれています