【泡レシピ】ふわふわ泡で新食感!料理アイデアは?

出典:
www.google.co.jp

 

【泡レシピ】

今話題になっている、泡で食べる新感覚の料理!

泡立てただけなのに旨味とコクが増す。

泡を作る道具は、ほとんどの家庭で使用しているものになってい

ます。

簡単に泡立てることができて、減塩効果にもつながるのではない

でしょうか。

 

スポンサードリンク

 

【泡レシピ】は簡単!

「泡」を作っていく道具は、煮物をつくるときなどに

アク取りなどで使う「網じゃくし」になります。

「泡」を作るレシピなど、今まで発想も想像もしたことがありませんでした。。。

 

「泡」で作っていくのは、食べ物、飲み物などがあります。

今回は、「泡」だてた醤油、豆乳など様々な食材を使って作っていきます。

 

ジュース、調味料などの他、ラーメンの汁、味噌汁、コーン缶の汁

豆の煮汁、栄養ドリンクなど泡立てた食品は、300種類以上になっているそうです。

 

「泡レシピ」を一度は味わってみたい食感になっています。。。

泡だてただけでコクが深まり、滑らかな食感になる。

 

いつも使っている、醤油を使って泡立てていきます。

水で5倍に薄めた醤油を、網じゃくしを使って泡立てていきます。

 

液体の醤油と違い、「泡醤油」を刺身につけて食べると

醤油をつけすぎることもなく、味もしっかりしているそうです。

SponsoredLink

その上、水で薄めている為に減塩にもつながります。

 

水で薄めている為物足りないのではない??

なんとなくそう思ってしまいますが、物足りなさを

感じることは全くないそうです。

 

 ~編みじゃくしでスピーディに泡立てる~

あく取に使っている網じゃくしを使って

スピーディーに泡立てていきます。

 

網じゃくしで液体をすくっていくと、液体の中を網目が通ることで

短時間に大量の泡を作っていくことが出来ます。

 

  泡醤油の作り方

  • 材料

しょうゆ : 10g

水   ; 40g

ゼラチン ; 1g (80℃に温めたお湯20mlで溶いておく)

 ボールに材料を入れて2~3分泡立てる。

 

ゼラチンを入れていくことで、シャカシャカと混ぜたとき

気泡作る性質と、泡を安定させて粘り気を兼ね備えているのが

ゼラチンになります。

 

泡立てたい液体の1~2%の量のゼラチンを入れることで

混ぜ合わせに向いていない、ドレッシング、豆乳なども簡単に

泡が出来上がります。

 

  •  豆乳の白和え

塩で味をつけた、枝豆、エビにからめ豆乳の白和えの出来上がりです。

豆乳100gに対してゼラチン2g

泡立て後2~3分寝かせれば、泡がより安定します。

 

泡になりにくい食材は、脂を多く含んでいるもの

辛い物、粘度の高い物などは、泡立てにくくなる傾向があるそうです。

 

ドレッシングなど油を含んでいるものは、泡立てにくくなる食材になるので

ノンオイルの物を使って作っていくと作れるそうです。

 

こちらもよく読まれています