【アッツザクラ】育て方!可愛い小さな花

出典:
www.google.co.jp

  【アッツザクラ】

直径1cm程の小さな球根、南アフリカ原産の半耐寒性の植物です。

毎年花を咲かせ手間が入らない、小さくてスゴク可愛い花になります。

掘り上げずに湿り気のある土壌に植えています。

冬の寒さにとっても強く、寒さに当てていないと花芽が作られません。

 

スポンサードリンク

 

 

【アッツザクラ】の育て方!

直径1cm程の小さな球根は、南アフリカ原産の植物になります。

冬の寒さに当てられていないと、花芽が付かない寒さに強い球根植物です。

鉢植えの場合も、室内ではなく戸外で管理します。

 

春から初夏にかけ、濃赤、ピンク、白の小さくてかわいい花を咲かせてくれます。

乾燥には強く枯れることはほとんどないそうです。

わが家の「アッツザクラ」も、玄関ポーチの石の側に植えていますが

もう少しで花が咲きそうです。

 

4~5cm程の細い葉で、葉の間から短い茎の先に小さな花を咲かせます。

花茎が伸びていくと、花が次々に咲いてくれます。

雄しべ、雌しべは短くて花びらだけが目立ちます。

 

 「植えつけ」

1月~2月頃には休眠期が終わり、2月~3月が植えつけえ時期になります。

購入した苗は、一回り大きな鉢に植え替えます。

株間は鉢植えでは、2~3cm地植えの株間は4~5cmで球根3つ

位の深さに植えつけます。(腐葉土を混ぜた土か、花の土で植えつけます。)

地植えの場合は、石組の間や水はけの良い場所に植え付けていきます。

SponsoredLink

 

 「水やり、肥料」

水は、生育期には土の表面が乾いたらタップリ与えます。

秋に入り葉っぱが枯れ休眠期には水やりは必要ありませんが

土の表面がわずかに湿っている程度がいいそうです。

 

肥料はあまり必要ありませんが、春に芽を出し始めてきたら固形肥料を与えます。

 

 「ふやし方」

開花直後に株分けして植えつけてもいいです。自然に球根が分球してふえていきますが

1球ごとにばらばらにしないで、固まったままで分けてもいいです。

品種によっては、こぼれダネで芽生えることもあるそうです。

 

 「病害虫」

ほとんどありません。

 

  園芸分類

  • 科名 : キンバイザサ科
  • 属名 : ロードヒポキシス属
  • 原産地 : 南アフリカ
  • 形態 : 多年草 (半耐寒性、春植え球根)
  • 草丈 : 5~15cm
  • 花色 : 赤、ピンク、白
  • 耐寒性 : 少し弱い
  • 耐暑性 : 強い
  • 開花時期 : 5月~6月

 

ほとんどの場合は、鉢植え、ポットの苗で育てることになります。

花が終わるまではそのままでも大丈夫ですが、来年も花を楽しみたい方は

少し大きめの鉢か、地植えに植え替えした方がよいでしょう。

過湿にしない様に管理します。

 

枯れた花は、花茎から切り球根を太らします。

夏の直射日光を避け涼しい場所に移動し、涼しくなる秋は日当たりの良い場所が適しています。

花の色は桃色が最も多くなっています。

 

こちらもよく読まれています