【紫陽花】の剪定!時期と方法は?        【紫陽花】の剪定!

うっとうしい梅雨の時期に、色とりどりの花を咲かせ

梅雨の風物詩として親しまれる、何処でも見かける事が多い

庶民的な花になっています。

次の年にコンパクトに花を咲かせる方法と

基本の剪定の仕方を調べてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

   【紫陽花】の剪定の時期は?

【紫陽花】の剪定は、元々は必要がなく

剪定しなくても問題はないそうです。

 

観賞用として【紫陽花】を楽しむため、育てるスペースに限りがある為に

樹形を整えて見栄えを良くすることなどで、剪定を行う必要があるみたいです。

 

【紫陽花】の剪定する時期と、方法に注意して樹形を整えていきます。

SponsoredLink

わが家の【紫陽花】は、花の色が褪せた6下旬頃に剪定しています。

 

狭い庭なので、かなり切り詰めていきました。

ピンク、青、エゾ紫陽花、ガク紫陽花と4本の【紫陽花】を植えています。

 

【紫陽花】の剪定時期は、7月上旬までに行った方が良いそうです。

 

    【紫陽花】の花を長く楽しむ!

紫陽花の花を長く楽しみたい方は、来年に咲く花芽を残して

剪定していく「芽かき」をする方法もあるそうです。

 

   「芽かき」の方法!

花の下から2~3筋分芽をかく (かきにくい場合は潰す)

7月上旬までに芽をかけば、4筋目に花芽を作るそうです。

花が終了後に、花芽より上を切ればいいそうです。

下から4枚葉っぱを残し花柄と一緒に剪定していきます。

 

7月上旬までに剪定する方が良いみたいです。

古く太くなった木化した茎は、2月上旬~3月上旬に整えていきます。

 

こちらも合わせて読みたい

 

こちらもよく読まれています