【4.7.8】呼吸法!眠りを誘う事ができる実践方法は?

出典:
www.pakutaso.com

 

【4.7.8】呼吸法

で心を、落ち着かせることができる

最新【4.7.8】呼吸法です。

健康の為に簡単に取り入れることが出来ます。

【4.7.8】の呼吸法の実践方法は?

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 【4.7.8】呼吸法の効果は!!

就寝の前に深呼吸をすることが、有効な眠りを誘う手段といわれていました。

【4.7.8】の呼吸法を行うことで、筋肉の緊張が緩み身体の疲れを回復させる方向へ

導いて自律神経へのスイッチが入る。

 

この【4.7.8】の呼吸法を取り入れることで、身体をリラックスさせることができ

深呼吸を応用して、さらに快眠に近づける方法をハーバード大出身の健康医学研究者の

アンドルー・ワイルの考案された数字を組み合わせた【4.7.8】呼吸法です。

研究に研究を重ね、この呼吸法が心身の緊張を和らげ、快眠に繋がっていくのに

ただり着いたそうです。

 

 

  【4.7.8】呼吸法の実践方法は!

最初に準備として、口から全ての息を吐ききっていく。(フーと音がするくらい)

 

始めていきます。

SponsoredLink
  1. 口を閉じて、鼻から息を吸いながら4つ数える。
  2. 息を止めて7つ数える。
  3. 8つ数えながら口から息を吐いていく。(フーと音がするくらい)

 

この動作を4回繰り返すことで、心身のリラックスを得ることができるそうです。

呼吸に無理がないように、自分に合ったリズムで行っていくことが重要になると

アンドルーは語っている。

くれぐれも無理をしないで、自分のペースでおこなってください。

 

人間は、不安などを感じ取ると、眠るさいに思いだし脳が興奮状態におちいり

なかなか眠ることができない。

 

身体の冷えから眠れない、内臓温度を上げていくと眠ることができる。

この内臓温度と睡眠の関わりは、食後などに眠たくなることでもわかります。

 

鼻呼吸は、新鮮な空気を脳に送り、脳を休めリラックスさせる効果があるそうです。

脳がリラックスした場合は、脳の中にセロトニンの物質が分泌されて眠たくなるのです。

 

眠りたくても眠れない時は、大変つらいですね。

この【4.7.8】呼吸法で、慣れれば1分で眠ることができるそうです。

悩みがある場合、集中力がない時に【4.7.8】呼吸法を実践してみましょう。

 

眠る時に必ずテレビをつけたまま眠っています。

テレビを見るのではなくて、音だけ聞いて目を閉じていると自然に眠ることができます。

いわばテレビが、子守歌みたいなものですかね・・・

 

眠る前は必ず、事前にテレビはオフタイマーをつけています。

 今夜からは、この【4.7.8】呼吸法を実践してみます。

こちらもよく読まれています