2015年立秋はいつから

出典:
www.pakutaso.com

 

2016年【立秋】とは

初めて秋の訪れが、感じられる頃のことをいいます。

夏至と秋分の中間で、昼と夜の長短を基準に季節を分けるとすると

この日から立冬の前の日までが秋になります。

この日の暑さが最も頂点になり、次の日からは残暑になります。

暑い夏から、秋へと季節が移っていく時期がやってきました。

 

 

スポンサードリンク

 

2016年【立秋】は、何日になるのでしょうか!

初めて秋の訪れが感じられる頃のことをいいます。

一年を24の節目で分けた、24節気の一つにあたります。

 

夏至と秋分の中間で、昼と夜の長短を基準に季節を分けるとすると

この日から立冬の前の日までが秋になります。

2016年の【立秋】は、8月7日になるそうです。

SponsoredLink

 

暦の上では、【立秋】こそが暑さの頂点になります。

翌日からの暑さは残暑といいます、手紙などの時候のあいさつ文では

【立秋】の翌日からは、暑中見舞いではなくて残暑見舞いに変わります。

 

この日を境にだんだんと、暑さが和らいで気温が下がっていきます。

 

【立秋】が始まるとお盆がやってきます。

昔は、暑さ寒さも彼岸までとよく言われ、お盆を過ぎると

 

急に気温が下がって、一気に涼しくなっていましたが

近年はお盆が過ぎても残暑が厳しい日が続いています。

 

【立秋】と言ってもまだまだウダルような暑さが続いてす。

最高気温も、35度を超える地方も多数あるなど異常気象がつづいています。

今年は熱中症の方も多数でています。

 

夜間は、冷房をつけて寝ていますが、温度を下げると寒くて

寝れない、温度を上げると反対に暑くて寝れない等の繰り返しで

夜中に目が覚めて眠れない夜がつづいています。

 

夏も好きですが、暑すぎるのは苦手です。

早く涼しい秋になってほしい・・・

 

こちらもよく読まれています